医療レーザー脱毛で全身脱毛したら、保険が適用される?

医療レーザー脱毛による全身脱毛

全身脱毛を行っているサロンでは、光脱毛を取り入れているところが多いですが、医療クリニックではレーザー脱毛による全身脱毛を行っています。医療レーザー脱毛は威力が高いので、より短期間での脱毛の完了が可能になります。では、医療レーザー脱毛で全身脱毛を行った場合は、保険が適用されるのでしょうか。

医療レーザー脱毛は保険適用外

医療レーザー脱毛は保険適用外医療レーザー脱毛は、最低限に必要な医療行為ではないため、保険適用は認められません。病気の治療として行うわけではなく、美容のために自由診療として行うわけなので、保険が適用されることはありません。そのため施術を受ける事によってかかった金額は全額支払う必要があります。脱毛完了までにかかる金額や施術の内容などは、全て事前に担当者としっかりとカウンセリングを行う必要があります。医療クリニックでの脱毛のメリットとして、医師に体質や肌質についての詳細な相談ができることが挙げられるので、常に体調や肌の状態などについて相談をするようにしましょう。

病気の症状の改善である場合は適用される

本来ならば美容目的の自由診療である全身脱毛であるので、医療脱毛であっても保険は適用されません。しかし、まれに適用となるケースもあります。それは多毛症などの病気の治療としての脱毛である場合です。多毛症以外にも、治療として脱毛が必要と医師に判断された場合には、保険適用となります。そのため、医療脱毛で保険適用となるのは病気の治療のための施術である場合のみです。全身脱毛をしようと思う多くの人は美容目的であるので、大抵の場合は保険適用はありません。

医療クリニックでの全身脱毛は自由診療

保険が適用とされるのは、最低限に必要な医療行為、保険診療であるとされています。全身脱毛を希望する人の多くが美容目的であり、そのために行われる医療クリニックでの脱毛の施術は自由診療であるとされます。そのため、医療クリニックでの全身脱毛に保険が適用されることはまずありません。

全身脱毛 アンダーヘアTOPへ