シースリーの施術に遅刻してしまったらどうなるの?

施術の予約と遅刻

脱毛サロンに通っている間は、毎回の施術は事前に自分の希望の日時で予約を取り、その日時に受けることになります。しかし、ざまざまな理由で当日にやむを得ずキャンセルをしなければ行けなくなったり、遅刻をしてしまったりする場合があります。シースリーの施術に当日遅刻をしそうな場合、どうすれば良いのでしょうか。

かならず店舗に連絡を

かならず店舗に連絡を体調不良や交通機関の遅延などで、当日遅刻をしてしまうことがやむおえない場合があります。そのような場合でも、遅れそうだということがわかった時点で、直接店舗に連絡を入れるようにしましょう。施術の予約時間前までに連絡があれば、無断遅刻という扱いにはなりません。シースリーの施術では、予約時間までに連絡がない場合の遅刻は、罰金というシステムになっているので注意が必要です。

いつでも連絡が取れるようにしておく

シースリーの施術の予約を入れている日は、不足の事態が起きても大丈夫なように、店舗といつでも連絡を取れるようにしておくことが大切です。交通機関の遅れや急な体調不良が起こっても安心なように、通っているサロンの電話番号はきちんと登録しておきましょう。急なキャンセルが出たときなどには、予約時間よりも早く施術をしてもらえる場合などがあるので、店舗からの連絡をいつでも受けられるようにしておくことで、メリットもあります。脱毛を効率良く進めるためにも、一度の施術の予約を無駄にすることがないように、予定管理や時間の管理をきちんと行うことが大切です。
シースリー 料金 脱毛

時間管理は正確に

やむをえない事情で当日に遅刻をしてしまうことは誰にでもあることだとは思いますが、そのような場合でもかならず店舗に連絡を入れましょう。直前であっても連絡さえあれば、罰金などの対象にはなりません。無断の場合1分の遅刻であっても罰金となってしまうことがあるので、シースリーは遅刻に厳しいサロンです。脱毛サロンの予約を入れている日の時間管理は正確に行うよう注意しましょう。

全身脱毛 アンダーヘアTOPへ